温故知新

農吉がある広島県庄原市は酪農の歴史が古い街です。

明治33年、日本初の国営種牛牧場が七塚原という場所に設置され、以降さまざまな研究が行われ全国に広まっていった、いわば日本酪農の礎を築いた場所ともいえます。

その七塚原で大正時代から昭和初期にかけて造られていたチーズがあります。

そのレシピを元に復元させたチーズ「OLD NANATSUKA」が新発売されました。

3か月以上熟成したチェダータイプのチーズです。

ほんのりビターな大人のチーズ。

ぜひ、歴史の味をご賞味ください。

ページトップへ