店長ブログ

農家さん紹介 ③スイス村&よもぎカフェ

先日、農吉と同じ庄原にある、「よもぎカフェ」さんに、初めて伺いました。



同じ庄原にある…と言っても、「西日本一広い」庄原のこと。
農吉からでも、車で1時間弱かかります。

中国山地の、文字通り「山のてっぺん」。秘境にあるカフェです。

■「よもぎカフェ」のサイトはこちらです >> https://yomogi-cafe.jp/menu.html

先日は、広島のローカル局で、「ポツンと一軒グルメ・大自然カフェ」として紹介されたそうです。


「季節のおまかせコース(2,500円)」は、前菜からメイン、デザートまで、ほぼすべての食材が、「自分たちで育てた・自分たちで採集した」ものばかり。





山菜・きのこ・木の実はもちろん、野菜、たまご、豚、鱒(ます)…すべて丁寧に、手間をかけて料理されています。

見た目も本当に美しくて、五感すべてが大満足のお料理でした。


よもぎカフェは、完全予約制。
とっておきのお出かけ場所として、いかがでしょうか。

(森林率84%の庄原の山の中ですので、「密」もありませんし)

これからの季節は、避暑地としてもオススメです。
ぜひ、庄原に遊びにいらしてくださいね。


そして、よもぎカフェのお帰りには、チーズ工房「乳ぃーずの物語。」にも是非お立ち寄りください^^。


~*~*~*~

この「よもぎカフェ」を経営されている「(一社)スイス村」は、庄原市口和町で、全寮制のフリースクールを運営しておられます。


スイス村を立ち上げられた木原さんの、子どもたちへの思いは、農吉の思いと相通じる所がたくさんあります。

■(一社)スイス村 サイトはこちらです >> https://suisu-mura.jp/


今から30年以上も前、子どもたちには「生きる力」が必要だ…との思いで、始められたのが現在の「スイス村」の前身だったのだそうです。


敷地内にある畑で生産されているお野菜は、よもぎカフェで使われるだけでなく、販売もしておられます。

農吉にも、出荷してくださっています。

山のてっぺんを切り開いて作られた広い畑の野菜たちは、先日からの大雨と日照不足、低温の影響で、生育が心配な状況なのだとか…


スイス村の標高は、約800m。
標高が高いので、低温になりやすいのですね…。
ですが、虫害や病気が少ないため農薬が不要で、強くておいしい野菜ができるというメリットもあります。

春先の、スイス村の「クレソン」は、飲食店から指名買いが入るほどの人気です。
これからの、野菜たちの回復を期待したいと思います!



↓ スイス村の野菜も入る(かも?)、農吉の「おまかせ野菜セット」はこちらです
https://www.nokitishop.jp/SHOP/1124221/1124223/list.html


  • 2020.07.16
  • 17:00

農家さん紹介 ②桑田信吉さん

6月下旬のある暑い日に、桑田さんの畑を訪ねました。

桑田さんの畑でも、何十種類もの野菜が元気に生長しています。

その中でも、「今の時期の、この畑が見せたいんよ~」と言って、連れて行ってくださったのが、「マコモ」の畑。



マコモは、田んぼと同じような環境を好む、イネ科の植物です。

古来、日本では「神が宿る草」と言われており、出雲系神社のしめ縄は、マコモで作るのが正式なのだそうです。

日本ではあまり食べる習慣がないのですが、実は栄養豊富なスーパーフード。

中華料理の素材としては、とても人気があるのだそうです。

「これから、『分けつ』が進んで、葉が茂ってくるよ」と桑田さん。
楽しみです。

研究熱心な桑田さんは、農薬・化学肥料を使わないために、様々な工夫をされています。

そのセンスとご努力には、本当に頭が下がります。





畑の片隅には、日本蜜蜂の巣箱も置いてありました^^。



産直ネットショップ農吉でも人気の、桑田さんの日本蜜蜂のはちみつは、こちらからお求めいただけます。↓↓



↓ 桑田さんの野菜も! 農吉の「おまかせ野菜セット」はこちらです
https://www.nokitishop.jp/SHOP/1124221/1124223/list.html

  • 2020.07.16
  • 17:39

農家さん紹介 ①畑森敬斉さん

6月に入って、農吉にお野菜を出荷してくださっている農家さんの畑を訪ね、
お話を伺ったり、写真を撮らせていただいたりしています。



この日伺ったのは、庄原市実留(さねどめ)の、畑森さん。

「そら豆はもう終わりじゃけぇ。次は、玉ねぎよのぉ」

高台にあり、地域が見渡せる絶景の畑や、

畑の近くの、大きな鯉がいるという淵を案内してくださいました。









畑森さんも、農吉に出荷してくださっている多くの農家さんと同様に、「少量多品目」でお野菜を作られています。

↓ 畑森さんの野菜も。農吉の「おまかせ野菜セット」はこちらです
https://www.nokitishop.jp/SHOP/1124221/1124223/list.html

「年間で何種類くらい、お野菜作られるんですか?」とお聞きしても、

「さぁのぉー… ちょっと、見当がつかんのぉ~」

同時進行で作られているものだけでも、常時20種類はあると思います。
…ですので、皆さんも、スタッフにお尋ねにならないでくださいね(笑)。

  • 2020.07.16
  • 17:40

稲が大きくなってきました

5月27日に植えた稲が、ずいぶん大きくなってきました。
(「田植え」のときの写真と、見比べてみてくださいね! 同じ田んぼです。)



今日は、初夏らしい青い空に白い雲。
風がそよそよ吹いて、とても気持ちのいい一日です。

すぐそばにある保育所の子どもたちの声、カエルの声、ウグイスの声、
そして吹き渡る風の音が、きっと稲の成長を促してくれていることでしょう。

  • 2020.06.16
  • 13:55

「夏ギフト」販売をはじめました

お中元の時期に合わせて、今年も「夏ギフト」の販売をはじめました。

毎年人気の、バリエーション豊かな各種チーズセット。
地域の日本酒とチーズ、ワインとチーズのセット。
今年は、野菜とチーズのセットもございます。

父の日のプレゼントにもおすすめですよ。

---------------------------------------------------
産直ネットショップ農吉>夏のギフトセット
https://www.nokitishop.jp/SHOP/1124226/1126323/list.html
---------------------------------------------------

おやつにおつまみに、パーティにバーベキューに…
夏も大活躍の、「日本の『乳ぃーず(チーズ)』」をどうぞ!

詳細は、各商品ページでご確認ください。

■【夏ギフト】「日本酒とチーズ」
(3,900円(税込・送料別))
https://www.nokitishop.jp/SHOP/gs-1.html


農吉とチーズ工房のある、敷信(しのう)地区で栽培された山田錦100%の地酒「敷信村(しのうそん)」と、日本の四季を大切に製造しているチーズのセットです。

■【夏ギフト】「ワインとチーズ」
(4,300円(税込・送料別))
https://www.nokitishop.jp/SHOP/gw-1.html


フレッシュな酸味とわずかな渋みが抜群の三次ワイナリーの「マスカットベリーA」と、相性の良いチーズ3種をセットにしました。

■New!【夏ギフト】「野菜と楽しむチーズセットB」
(3,000円(税込・送料別))
https://www.nokitishop.jp/SHOP/cy-2.html


農吉を代表するふたつのチーズ、「カチョカヴァロ。」「モッツァレラ。」に、ぴったりの旬野菜を詰め合わせました。

他にも、様々なバリエーションをご用意しております。
ぜひご利用ください。

  • 2020.06.16
  • 13:55

みのり保育所の田植え

みのり保育所では、恒例の田植えを行いました。



いなほ組(5歳児クラス)・さなえ組(4歳児クラス)…など、農吉の保育所では園児のクラスに稲にゆかりの名前をつけるくらい、田んぼを大切に思っています。

今日植えた苗は、保育所の給食に使います。
稲も、みんなも、すくすく大きくなーれ!

-----------------------------
↓ RCCテレビの取材を受けました。放映されたニュースはこちら(2020年6月3日まで)
https://news.rcc.jp/archive.php?i=5729

↓ みのり保育所のブログ記事もご覧くださいね
http://nokiti.jp/minori/1095/

  • 2020.06.16
  • 13:55

環水平アーク

お昼ごろ、みのり保育所から見る空に、虹色の光が…
環水平アークです。



広い青空に映えて、美しかったです。
自然は時に、思いがけない現象を見せてくれますね。


(2020年5月14日)

庄原地域では、田植えが始まっています

庄原地域では、いよいよ田植えが始まっています。



今年は、朝晩の気温が低く、稲の苗が大きく育たなかった…と農家さんたち。

農業では、「苗半作」と言われます。
苗の出来が、収穫の半分を左右する…というくらい、大切なのですね。

その意味では少し心配なスタートですが、このあと順調に、秋の収穫を迎えられますように!


(2020年5月13日)

「桑田さんの 日本みつばちの はちみつ」 販売を始めました

庄原の桑田さんの、日本みつばちの「はちみつ」の販売を始めました。

桑田さんの日本密蜂のはちみつ

日本みつばちは、西洋みつばちと異なり、天然の群ですので、環境の良いところでなければ飼うのが難しいです。

更に近年は、日本みつばちの群の数そのものが、激減しています。
(農薬の成分が関連していると言われていますが、まだ正確な原因は分からないようです。)

また桑田さんのはちみつは、非加熱で、自然の重力で垂れてくるものだけを瓶詰めしています。
採取に時間がかかりますが、ビタミンや酵素がそのまま残っています。

(一般的には、採取するときに熱を加えて扱いやすくしてから瓶詰しているはちみつがほとんどで、この過程でビタミンや酵素が失われます。)

採取量は、西洋みつばちの3分の1~5分の1と言われています。
飼育が難しい割に採取量が少ないことから、「養蜂業」としては成り立ちにくく、流通量が非常に少ないため「幻のはちみつ」と言われています。

日本みつばちは西洋みつばちとかなり性質が異なっています。
例えば、健康食品としても有名になった「プロポリス」は、強い殺菌力で知られていますが、西洋みつばちしか作りません。

なぜなら、日本みつばちのはちみつには、プロポリスに匹敵する強い殺菌成分が含まれているため、日本みつばちはプロポリスを作る必要がないのです!

甘みやコク、風味も、西洋みつばちのものとはまったく違います。

このように、驚きの性質をもつ日本みつばちの、貴重な非加熱のはちみつです。

砂糖の代わりにお使いいただくのもおすすめですが、できれば加熱しないで(45度以下)ご利用ください。

毎日の食卓に、ぜひどうぞ!


★なお、この「はちみつ」は天然のものです。満1歳にならないお子様には、絶対に与えないでください。
(はちみつに含まれる「ボツリヌス菌」により、「乳児ボツリヌス症」という病気を引き起こしてしまうリスクがあります。腸内環境が整った大人には、リスクはありません。)

(2020年4月9日)

七塚原のサイロと桜

庄原では、桜が満開です。


200406店長ブログ

七塚原の桜も、見頃です。

今年は、お花見やお出かけを控えておられる方が多くいらっしゃると思います。
画面を通じてではありますが、今年の桜を楽しんでいただければ嬉しいです。

(2020年4月6日)

配信ご希望の方は、メールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。(週1回配信/無料)

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • チーズ工房店舗営業日
  • 臨時休業

定休日のメールの返信・発送作業は翌営業日に順次対応させていただきます。 ご注文は毎日受け付けております。

ページトップへ