店長ブログ

月替わり!チーズキャンペーンをはじめます

新しい年がはじまりました。

産直ネットショップ農吉でも、今月から「月替わり!チーズキャンペーン」をはじめます!


チーズ工房「乳ぃーずの物語。」の、月替わり「今月のチーズ」が、10%OFF!

初回の「今月のチーズ」は、チーズ工房一番人気の「カチョカヴァロ。」です。




「カチョ」は「チーズ」、「カヴァロ」は「馬」の意味。
馬の鞍のように、紐で吊るして熟成させる、ナポリ生まれの代表的なイタリアチーズです。


3週間以上熟成させており、フォルムもひょうたん型で可愛く、
ふだん使いにも、手土産や贈り物にも喜ばれます。

そのままでも食べ易いチーズですが、焼くとおいしさが倍増!
ぜひ「焼きチーズ」にしてお召し上がりください。


《焼きチーズ》
・「カチョカヴァロ。」を、厚め(1.5cmくらい)にスライスします。
・フライパンに油をひいて、熱します。
・中~強めの火で、両面に焼き色がつき、カリッとなるまで焼きます。
厚みがあるので、チーズの中心はトロッとします。
・弱火で焼くと、美味しい脂分が流れてしまいますので、強めの火で手早く焼くのがコツです。
☆そのままでも良いですし、じゃがいもやバゲットと一緒にいただくのも美味しいです。


ミルクの風味豊かな、チーズ工房「乳ぃーずの物語。」のカチョカヴァロ。
Japan cheese award 2018 で、金賞をいただいたチーズでもあります。

この機会に是非、召し上がってみてくださいね!


  • 2021.01.08
  • 16:16

初春のお慶びを申し上げます

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。



「人と育ち、農と育つ」を企業理念として、15年目を迎えます。

過ぎてしまえばあっという間でしたが、多くのお支えでここまで来ることができました。

これから、さらに新しい気持ちで保育と農に関わってまいります。

また「保育所」の先にある「学校」についても、関心を深めています。

本年もよろしくお願いいたします。

              株式会社 敷信村農吉

  • 2021.01.04
  • 16:02

ひろしまモール 1月31日まで期間延長されています

ひろしま県産品を買って応援しよう!と、広島県の音頭のもと、今年の6月から始まった「ひろしまモール」。

中国新聞・テレビ・ラジオ等のCM、最近は、ネット広告でご覧になった方もおられるかも知れません。



広島県内の、美味しいもの・便利なもの・こだわりの品などがたくさん取り扱いされており、とにかく、広島県をあげて、県産品をPRするぞ!という意気込みの伝わってくる企画です。

当初、12月31日までの予定だったひろしまモールの実施期間は、現在2021年1月31日まで延長することが決まっています!
(ネット経由だけでなく、「秋冬カタログ」からも、1月31日(必着)まで注文可能だそうです。)

農吉からも、6月のスタートまもなくから、「コンテスト受賞チーズセット」を紹介いただき、おかげさまでご好評を博しております^^。

ひろしまモール(公式ウェブサイト)

ひろしまモール(Facebook)

おなじみの商品、気になっていた商品、全然知らなかった商品…いろいろあって、見ているだけでも楽しいサイトです。

ぜひ、サイトをお訪ねいただいて、
よろしければ広島県産品を買って、県内の事業者・生産者を応援してくださいますよう、引き続きお願いいたします!

  • 2020.12.22
  • 17:55

初雪

今年は、初雪が積もりました!
しかも、かなりの積雪量です…



全国の皆さま、あたたかくお過ごしくださいね。
大きな被害になりませんように…。

  • 2020.12.16
  • 17:43

「むすぶ広島×農吉」コラボBOXの販売が始まりました

今年1年頑張ったじぶんにちょっと贅沢なご褒美を、
お世話になったあの方へとっておきの「おいしい広島」を。
広島の人気タウン情報誌「Wink」さんの企画で、期間限定のスペシャルコラボBOXが実現しました。

RCCテレビ・ラジオでお馴染み、野菜ソムリエ上級プロの花井綾美さんが立ち上げられた「むすぶ広島」と、農吉の旬野菜とチーズがコラボ。

花井さんが、このBOXのために作ってくださった、簡単おいしいオリジナルレシピ付きです!


商品ページは ↓こちら
https://www.nokitishop.jp/SHOP/cy-3.html

野菜は今が旬の、ほうれん草、カブ、さつまいも、原木椎茸など。(出荷当日の朝、出荷されたお野菜を詰め合わせますので、内容は変わることがございます。)

チーズは、そのまま食べてもおいしいけれど、ひと工夫でお料理の幅を広げてくれる、「モッツァレラ。」と「雪子」をチョイスしています。

このBOXのために作成していただいたオリジナルレシピは、これからのシーズン、きっと大活躍してくれますよ。

2020年11月23日から、2021年1月31日までの期間限定での販売となります。

ぜひご利用くださいませ!

  • 2020.11.24
  • 11:40

チーズが(全体的に)品薄となっております

先月10月の中旬、弊社チーズ工房「乳ぃーずの物語。」の「スカモルツァ。(しょうゆ)」がテレビ番組で紹介されてから、

ありがたいことに、たくさんのご注文をいただいています。

それに伴いまして、いく種類かのチーズにおいては、本日現在(11月3日(火祝))、在庫が少なくなっております。

バラエティー5種

現場スタッフは、フル稼働で製造をがんばっておりますが、なにぶんすべての工程が「手作業」のため、急に商品の数を増やすことができません。

特にハード系チーズの「OLD NANATSUKA」は熟成に6か月以上、セミハード系チーズのカチョカヴァロ。は3週間以上を要するため、しばらく品薄の状況が続きそうです。

大変申し訳ございませんが、ご注文の際にご承知おきいただければ幸いです。

また、今後冬の贈り物等に利用を検討くださっている方がおられましたら、数量を限定しての販売になる可能性もございますので、できましたらお早めにご注文くださいませ。

  • 2020.11.05
  • 11:44

10/17(土)「スカモルツァ。(しょうゆ)」テレビ放映のお知らせ

今週末、チーズ工房のチーズ「スカモルツァ。(しょうゆ)」が、テレビで紹介されることになりました。

■日時: 10/17(土)18:30~19:00
■番組名: 日本テレビ系「満天☆青空レストラン」
 ↓ 番組の予告動画はこちらです
 https://www.ntv.co.jp/aozora/ ■内容: 新米スペシャル&新米に合う「スカモルツァ(しょうゆ)×お茶漬け」



メインの食材は「四万十のコメ」なのですが、コメに合う食材として、「スカモルツァ(しょうゆ)×お茶漬け」が紹介されます!

お時間が合われる方は、ぜひご覧ください。
(周りの方にもお知らせいただけると、嬉しいです。)

〇産直ネットショップ農吉「スカモルツァ(しょうゆ)」の詳細やご購入は、こちらからどうぞ。
https://www.nokitishop.jp/SHOP/syouyu.html

テレビ放映もあるため、今週分のチーズは多めに仕込んでおります!
これを機会に、たくさんの方に知っていただけると嬉しいです。

  • 2020.10.13
  • 17:33

名前はない?!

稲刈りのあとの田んぼには、ひと仕事が終わった清々しさと同時に、活動的な夏が終わって、秋・冬を迎える寂しさも感じます。

でも、ときどき、こんなワクワクする風景にも出くわします。



「これって、何て呼ばれてるモノ?」

…と地域の人に聞いたら、しばらくの沈黙のあと、

「…小人の家?」

…という返答が返ってきました(笑)。

同じ(ような)ものは全国にあるようなのですが、地域によって、呼ばれ方は違うようです。
何て呼ばれてるんでしょう…
「小人の家」ではないと思うんですが( ´艸`)

また、別の方にお尋ねしたところ、

「あれには、どうも『名前はない』らしい」というお答え。

え、そんなことあるんですか?!

…引き続き、リサーチしてみます(笑)。

——————

10月8日追記



この藁の造形物には、やはり明確な名称は「ない」ようです。

というのも、このものは「歴史が浅い」。
この風景は、稲をコンバインで刈るようになってから見られるようになった、「最近の」ものだったのです。

コンバインが登場する前は、稲は手で刈っており、刈った稲は「ハデ干し」をしていました。

当時、ハデ干しする稲には、籾はついたままでした。
このときに、稲わら部分も一緒に干して乾燥させていましたので、このときは、藁だけを別建てで干す必要はなかったのです。


その後、コンバインが登場して、稲刈りと同時に「脱穀」が行われるようになりました。
機械が、稲わらと籾を、自動的に分けてくれるようになったのです。

さらにこの頃から「乾燥機」も一般的になり、籾を天日干しすることがほとんどなくなりました。



さらに、昔は、わらじ、藁沓(わらぐつ)、藁てぶくろ、蓑(みの)、むしろ、藁ぶき屋根…など、生活のあらゆる場所に使われていた、貴重な資源だった「藁」は、プラスチック他の耐久素材の登場で、すっかり「不要」のものになってしまいました。

ですので、今は稲刈りのときに出る藁は、粉砕してそのまま田んぼに返すのが一般的です。

写真のように、粉砕せずに稲わらだけを干すのは、たいてい「牛を飼っている」農家のみ。
牛の餌や、敷き藁にするためです。



そのようなわけで、この風景は、「昔ながらの」ものではなく、コンバイン登場とともにみられるようになった、比較的「新しい」ものだったのでした。



いろいろ教えてくださいました皆様、ありがとうございました。
このあとも、どうぞご指導くださいませ^^。

  • 2020.10.13
  • 16:58

みのり保育所の稲刈り

今年も、田んぼが黄金色になる、この時期を迎えることができました。

初夏の長雨、夏の日照りと高温、大型台風の接近…。
苦難を乗り越えて実った稲穂を収穫できること、本当にありがたいです。

子どもたちが刈った稲は、今後、子どもたち自身の給食になります。



鎌を入れる感触、稲穂のムズ痒さ、強い日差しと涼しい風、お友達と畦で見つけたイモムシやカメムシのこと。

きっとどんなことも、子どもたちの育ちの一部になると思います!

  • 2020.09.15
  • 16:14

農吉 野草茶シリーズ ~ドクダミ茶・カキドオシ茶

このたび農吉では、地域の野草を丁寧に採取・乾燥・焙煎してつくられている、いろいろな「野草茶」の取り扱いをはじめさせていただきました。


先日の「まこも茶」「スギナ茶」に引き続き、ご紹介するのは、日本で古くから飲まれていた「ドクダミ茶」「カキドオシ茶」。


コーヒーや紅茶も良いけれど、身体をいたわり気分を落ち着かせてくれる、日本の野草茶もいかがでしょうか?

飲んですぐに、心身に変化が…ということはないかも知れませんが、継続していただくことで、心身の土台が整ってきますよ。

■ドクダミ茶・・・「日本三大薬草」のひとつ。万能の薬草とされ、昔から民家の近くにたくさん植えられています

■カキドオシ茶・・・ミント、バジル、レモングラスのような爽やかさ! 最近は血糖値上昇抑制作用で注目されています


暑さが落ち着き、夏の疲れが出る季節です。心身をいたわってくれる野草茶、おすすめですよ。

産直ネットショップ農吉の、「健康茶」のページで、ご紹介しています。


  • 2020.09.10
  • 12:07

配信ご希望の方は、メールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。(週1回配信/無料)

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • チーズ工房店舗営業日
  • 臨時休業

定休日のメールの返信・発送作業は翌営業日に順次対応させていただきます。 ご注文は毎日受け付けております。

ページトップへ